大仁田予告 全日用新爆破バット投入

2016年10月22日 16時30分

踊るニタ男。邪道の全日本出撃も正式に宣言した

“邪道”大仁田厚(58)が21日、全日本プロレス殴り込みを正式に宣言。新たに“新・爆破バット”持ち込みを予告した。

 

 全日本のアジアタッグ王者チーム(青木篤志、佐藤光留組)から11月27日の両国国技館大会で予定するV5戦の相手として渕正信(62)とのコンビで指名されたが、電流爆破バット持参を認めることを要求。これを全日本の秋山準社長(47)があっさり受諾していた。

 

 してやったりの大仁田は「大仁田厚が変幻自在であるように、爆破バットも変幻自在なんじゃ。今までと同じ爆破バットを持っていくとは限らないからな」と不敵な笑みを浮かべた。邪道は対全日本用の新たな電流爆破バットを考案中のようで、何やら自信満々。秋山社長はとんだ墓穴を掘ったのかもしれない…。

 

 この日はファイヤープロレス「ハロウィン・モンスターカーニバル」(東京・新木場1stRING)に邪道の新たな化身、デビル・ニタ男が降臨。毒霧に凶器攻撃と、悪行ざんまいで大暴れした。試合は敗れたが、最後は出場選手全員とダンスを踊ってから「久しぶりに全日本のリングに上がります」とニタ男のまま宣言。大仁田なりのハロウィーンを締めくくったのだった。