【全日・王道T】カシン 準決勝敗退

2016年09月20日 16時30分

諏訪魔(左)の再度の足首固めにギブアップしたカシン

 全日本プロレス「王道トーナメント」は19日、東京・後楽園ホールで優勝決定戦が行われ、注目のケンドー・カシン(48)は準決勝で敗退した。2014年4月のチャンピオン・カーニバルでの勝利を再現するようにリングシューズが脱げるように仕組んで足首固めから脱したが、その後の動きを諏訪魔(39)に読まれていた。丸め込みが決まらず、再度の足首固めの前にギブアップ。

 

 試合後はカシンが盗んだ卵を取り返すため大怪獣モノが登場するなど大混乱に陥ったが、問題児は「セコンドが誰も来てくれないなんて、はぐれたヤツら(はぐれIGF軍団)は冷たいな。こうなったら新しいメンバーを探すしかない」と言い残し、姿を消した。