【新日・新宿】練習生・岡と北村 エキシビションで急成長ぶり披露

2016年09月02日 16時30分

エキシビションで成長ぶりを見せつけた岡倫之(左)と北村克哉(右)

【新日本1日・新宿大会】今年1月に新日プロに入門した元レスリング全日本王者の岡倫之(25)と北村克哉(30)は大会前のエキシビションマッチで成長ぶりを見せた。

 

 練習生とは思えない筋骨隆々の大型新人2人は実戦形式の5分1本勝負で対戦。時間切れ引き分けとなったものの、足の取り合いから豪快なスープレックスの応酬で会場を沸かせた。

 

 2人のエキシビションは今年2月の新宿大会以来半年ぶり。ブシロードクラブ監督を務める永田裕志(48)は「潜在能力はものすごいものがある。受け身とかは覚えてきたけど、レスリングの技術に頼ってしまうところがある。もっと(他の選手の)試合を見ることが必要だね」と、課題も口にした。一日も早い正式デビューを目指してこれからも精進を続けていく。