ブロック・レスナー 7・9「UFC200」で1試合限定復帰

2016年06月05日 17時38分

1試合限定でUFCに復帰するレスナー

【カリフォルニア州ロサンゼルス4日(日本時間5日)発】WWEのブロック・レスナー(38)が、1試合限定で米総合格闘技「UFC」に復帰することになった。この日の「UFC199」で明らかにされたもので、「UFC200」(7月9日、ラスベガス)に出場する予定で、対戦相手は未定。

 レスナーのUFC復帰に関して現在、所属するWWEも公式ホームページでコメントを発表。「ブロック・レスナーはWWEと契約したままだが、彼には『UFC200』に出場する1回限りのチャンスが与えられた。7月9日のイベントの後は『サマースラム』(8月21日、ニューヨーク)に出場するためWWEに戻ってくる」としている。

 WWEは基本的に契約下の選手の他団体出場を認めていないが、今回はUFCの200回記念イベントのため“特例”を認めたようだ。

 レスナーはWWEでデビューし、WWEヘビー級王座を獲得するなど活躍。日本マットでも新日本プロレスのIWGPヘビー級王座を奪取しプロレスラーとして成功を収めたが、総合格闘技に転向して2008年からUFCに出場。同年、UFCヘビー級王座を獲得した。11年12月を最後にUFCを去り、12年4月からWWEに復帰した。