【新日】棚橋6・19「IWGP王座戦」欠場を発表

2016年06月04日 00時00分

IWGPインターコンチネンタル選手権試合欠場を報告する棚橋弘至

 左肩剥離骨折と左腕二頭筋断裂で欠場中の新日本プロレス・棚橋弘至(39)が3日、復帰を目指していた19日大阪城ホール大会も欠場することを発表した。

 

 同大会でIWGPインターコンチネンタル王者ケニー・オメガ(32)への挑戦が決まっていた棚橋は、5月の後楽園大会でケニー率いる「バレットクラブ」の暴行を受けて負傷。今シリーズを全戦欠場していた。

 

 王座戦出場のために治療を続けてきた棚橋だったが、その願いはかなわなかった。この日の後楽園大会に登場した棚橋は「昨日の診断で全治2か月。左腕に力が入らなくて、大阪大会を欠場することになりました。本当に申し訳なく思います。一日も早くまたこのリングで試合できるように、全力で治療して完璧に治して帰ってきます」とファンに報告。今後は「G1クライマックス」(7月18日、北海道大会で開幕)での復帰を目指すという。

 

 タイトルマッチが決まっていた新日プロ上半期最大のビッグマッチでのドクターストップは、団体のエース・棚橋にとって無念以外のなにものでもない。「本当に残念。よっぽどのことじゃないと欠場はしないんですけど…」と沈痛な表情を浮かべた。目標に設定したG1まではあと約1か月半しかないが「それもギリギリですね。人より回復は早いほうなので。何とかします」と、早期復活を誓った。