【新日・両国】首負傷から約1年半ぶり復帰 ヨシタツが6人タッグ王者に

2016年04月11日 16時00分

6人タッグ王者に輝いた(左)からエルガン、ヨシタツ、棚橋

<新日本10日・両国大会>首の負傷(第2頸椎粉砕骨折)で長期欠場していたヨシタツ(38)が、約1年半ぶりの復帰戦を勝利で飾った。

 

 棚橋弘至(39)、マイケル・エルガン(29)と組み、「バレットクラブ」のケニー・オメガ(32)、マット・ジャクソン(31)、ニック・ジャクソン(26)が持つNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦したが、首に集中砲火を浴びた。

 

 それでも、仲間の助けを得てケニーが狙うスタイルズクラッシュ(変型顔面砕き)を3度も阻止。最後は3人で合体の雪崩式エルガンボムをニックに決めて勝利を飾った。「長かった。理想が100ならまだ50だけど、俺の中では合格。ケガなくリングを下りて、また試合ができるのがうれしい」(ヨシタツ)

 

 また、エルガンはケニーが持つIWGPインターコンチネンタル王座挑戦を表明した。