【新日・両国】IWGPタッグはトンガ&ロア兄弟が新王者

2016年04月11日 16時00分

合体技で本間(中)をKOしたトンガ(左)&ロア兄弟

<新日本10日・両国大会>IWGPタッグ選手権は挑戦者のタマ・トンガ(年齢非公表)、タンガ・ロア(32)の兄弟が真壁刀義(43)、本間朋晃(39)の王者組を破り、第70代王者となった。

 

 序盤から息の合った連係プレーで王者組に襲いかかると、まずは真壁をコーナーに押し込み、小刻みなタッチワークでダメージを与えた。さらに驚異的なパワーを誇る弟ロアが真壁の動きを止めると、本間につかまった兄のトンガはトップロープからのコケシロケットを寸前のところで回避。最後は孤立させた本間を「ゲリラ・ウォーフェア(合体式ヴェレノ)」で沈めた。

 

 2人の父親は全日本プロレスやWWEで活躍したキング・ハクというサラブレッド。ベルトを手にした兄弟は「新しい時代が来た。父の強さは俺たちが受け継いだ。父もスターだったが、今は俺たちがスターだ!」と豪語した。