新日・岡倫之&北村克哉がエキシビションマッチで対戦

2016年02月26日 16時00分

岡(右)が北村に河津掛け

 今年1月に新日プロに入門し、練習生としての日々を過ごしている元レスリング全日本王者の岡倫之(24)と北村克哉(30)が、25日、若手育成興行「ライオンズゲート」(東京・新宿フェイス)でのエキシビションマッチで高い潜在能力を披露した。2人は試合時間3分で、レスリングルールの形式で対戦。岡が河津掛けやアンクルホールドなどトリッキーな動きを織り交ぜれば、北村は力強いタックルや俵返しで怪力ぶりをアピールした。

 

 岡は「このチャンスをいただけて良かった。できる限り早く、デカい舞台でプロレスラー・岡をお見せしたいです」と宣言。北村も「彼(岡)がいるから僕も頑張れる部分がある。早くデビューできるように全力を尽くしていきたい」と目を輝かせた。なお、この日が初開催となったライオンズゲートの第2回大会は5月19日に新宿フェイスで行われることも発表された。