前IWGPタッグ王者アンダーソン組が新日マットに別れ

2016年02月22日 15時58分

深々とお辞儀してファンに別れを告げたアンダーソン(左)とギャローズ

 前IWGPタッグ王者のカール・アンダーソン(36)とドク・ギャローズ(32)が20日の新日本プロレス後楽園大会で新日マットに別れを告げた。ラストマッチとなった8人タッグ戦はギャローズがフォール負けを喫し有終の美を飾れなかったが、試合後はリング四方に深々と礼をした。2人は米国・WWE移籍が確実視されている。アンダーソンは「新日本で8年間素晴らしい時間を過ごした。日本中のファンにありがとうと言いたい」と感慨深げな表情だった。