<IWGPジュニア>KUSHIDA鮮やか逆転V1

2016年02月15日 16時00分

KUSHIDAは渾身のホバーボードロックでBUSHI(下)を仕留めた

<新日本プロレス新潟・アオーレ長岡大会(14日)>IWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDA(32)はBUSHI(32)の挑戦を退けて初防衛に成功した。「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の介入に加え、2度も毒霧を浴びるなど大苦戦を強いられたが、王者の意地で3カウントだけは許さない。最後はBUSHIの腕をつかんだまま、エプロンサイドにいた相手セコンドの内藤哲也(33)に飛び蹴りを浴びせると、反動をつけてホバーボードロックに移行。鮮やかな逆転勝利を収め「夏前までに独走して、ジュニアを代表してG1に出たい」と野望を掲げた。