ゼロワンデビューの将軍岡本“快勝のちお説教”でションボリ

2016年01月23日 16時00分

岡本は将火怒(右)をパワーで粉砕したが・・・

 IGFの将軍岡本(32)が、ほろ苦のゼロワンデビューを飾った。世界ヘビー級王者で元IGFの鈴木秀樹(35=フリー)は22日のゼロワン新木場大会でジェームス・ライディーン(24)、将火怒(33)組との対戦が組まれたが、パートナーについては自身の口から明かさなかった。その“答え”が岡本だ。

 

 元力士は試合開始後、いきなり将火怒に体当たりをかますなど持ち前のパワーを披露。最後はペシャワールでNWA・UNヘビー級王座を持つ将火怒をマットに沈め、快勝デビューを果たした。

 

 試合後、鈴木は「2人でというよりも、個別で勝った、という感じがする」と独特の言い回しで相棒の戦いぶりを評価。しかし岡本に「僕が巻いていた大事なUNを将火怒が巻いてるんで、狙ってほしい」とベルト挑戦を勧めたところから話がおかしな方向に。

 

 岡本が「手応えがあったんで狙っていこうと思います」と答えると、鈴木が「思いますじゃないんだよ、狙うんだよ!!」と急に激怒。さらに今度は将火怒が会見に乱入し「このままじゃ、終わらせねーからな!!」とキレたが、岡本は反撃できず…。最後は鈴木に「こういう時はもっと怒らないと。いけよ、もっと!!」と叱られて、ガックリ肩を落とした。

 

 快勝も思わぬ結果になった岡本の、今後の行方は…。