内藤が不気味予告 パレハと一緒に2対1で棚橋潰す

2015年10月03日 16時00分

内藤は棚橋(下)との権利証争奪戦に「パレハ」の投入を示唆した

 新日本プロレスの内藤哲也(33)が2日、団体への不満を爆発させた。12日の東京・両国国技館大会で来年1月4日東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証を持つG1覇者・棚橋弘至(38)との争奪戦に臨むが、同大会に招聘を予告していた「仲間」が対戦カードに入っていないことに怒り心頭。権利証争奪戦に「仲間」を介入させる可能性を示唆した。

 内藤は両国決戦でG1覇者・棚橋の持つ挑戦権利証を狙う。

 再戦なしの条件が受諾され、この試合の勝者が1・4ドームのIWGP挑戦者となることが決定的(現王者はオカダ・カズチカ)。それでも「どうかな。新日本はどうしても内藤を東京ドームのメーンイベントには立たせたくないだろうからね。ま、だからファン投票やろうよって言ってるわけだけど」と、相変わらずシニカルな態度を貫く。

 新日プロに対する不信感はそれだけではない。内藤は9月27日の神戸大会で「両国に俺の『パレハ』(スペイン語で『仲間』の意味)を連れてくる」と高らかに予告していたが…。新日プロがその翌日に発表した両国大会の全対戦カードに「パレハ」らしき人物の名はどこにもなかったのだ。

 これに内藤は「俺、神戸でちゃんと言ったよね? なのに次の日にはもう全対戦カードを出しちゃうなんて、トランキーロ(スペイン語で『焦るな』)だぜ。カードの発表まで焦ることないだろ」と憤慨。所在確認すら行われないまま「パレハ」とやらが試合をする機会を奪われたことは、新日プロの失策であると主張した。

「パレハ」の正体に関してはメキシコ・CMLLで加入したロス・インゴベルナブレスが関係していることは間違いない。既存メンバーはラ・ソンブラ、ルーシュ、ラ・マスカラ、マルコ・コルレオーネの4人だが、内藤は「トランキーロ」の一点張りでけむに巻き、日本の地で新メンバーが加入する可能性も捨てきれない。「知らないよ?『パレハ』が棚橋との試合に乱入しちゃって、実質2対1になっちゃっても。(ユニット名通り)制御不能な『パレハ』なんだから。だから俺はちゃんと連れてくるって言ったのに」。団体側の“過失”により、争奪戦に重大な影響が及ぶ危険性まであるという。

 ロス軍加入後から不穏な気配を漂わせてきたが、新日プロのレールから飛び出してドームへの道を歩み始めた。