鉄人・小橋が熱血育児に燃えている!「第2の青春は愛娘」

2015年08月19日 10時00分

小橋建太

 元プロレスラーの鉄人・小橋建太(48)と妻の演歌歌手・みずき舞(41)が17日、第1子となる女児が誕生したことを発表した。2人は連名で「我が子が無事に産まれてきてくれたことをご報告致します。元気な女の子です。体調が急変し、予定より早い出産になりましたが、母子共に元気に過ごしております」と書面で発表。さらに「娘が『握りこぶし』をにぎっている姿を見て、思わず二人で笑ってしまいました。これからは、私たちのところに舞い降りてきてくれた愛おしい天使を命をかけて守っていきます」とつづった。

 2人は1996年5月に出会い、2010年10月に結婚。今年4月に、みずきが妊娠したことを発表した。この日、本紙の取材に応じた小橋は「引退してから生まれてきてくれたからね。(プロレスで)第1の青春が終わり、『第2の青春は私だ』と子供が言っているのかもしれない」と独特の言葉で喜びを口にした。名前は非公表、顔は母親似だという。

 出産に立ち会うことはできなかったが、我が子と対面した時は「これが俺の子か…」と言葉にできない感動があったと明かす。「本当にありがとう。お疲れさま」と妻をねぎらうと、感極まったみずきは涙を流して喜んだという。引退後も講演活動やテレビ出演、尚美学園大学の特別講師などで多忙を極める身だが、今後は“熱血育児”に心血を注ぐつもりだ。

「できることはやっていきたいね。子供の笑顔を見たら、やろうと思うよ。ただ力の加減が分からないから、抱き締めてもつぶれないようにしないとな…」と剛腕の異名を取った男らしい悩みを抱えつつも、待ちきれない様子だ。「ウソをつかない優しい人間になってほしいね。内面がすてきな女性がいい。俺も身が引き締まったから、子供に背中を見せられるようにしないと」。この日ばかりは頬が緩みっぱなしの鉄人だった。