天龍がオカダに再度の対戦要求「吐いたツバのみ込むな」

2015年07月28日 16時00分

藤原組長(左)の胸板に強烈なチョップを叩き込む天龍

 上等だ。ミスタープロレス・天龍源一郎(65)が27日、新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(27)からの返答に改めて闘志を燃やした。天龍は11月15日の引退試合(東京・両国国技館)の相手にオカダを有力候補に挙げたが「G1期間中でそれどころではありません」と無視される始末。怒れる天龍は「吐いたツバはのみ込むな!」とレインメーカーに再び対戦を迫った。

 

 引退ロードもいよいよ後半戦に突入。発表されている日程では、この日の新木場大会を含めて残り9試合となった。それだけにG1初戦(23日)翌日のオカダの返答が納得できない。

「G1中なんてそんなの知ってるよ。俺はお前が言った言葉について自分の思いの丈を語っただけだ。分かった、G1が終わるまで待つよ。ただ答えはイエスかノーか、それだけだ、コノヤロー!」

 

 発端はオカダが放った「猪木、鶴田、天龍は僕と同じ時代でなくて良かったと思いますね」という言葉だった。それだけに「水掛け論をしても仕方ない。やっぱり平成のレスラーだねえ。お前んとこの昔の現場監督の長州力が『吐いたツバはのみ込むな』って言ったの知ってるか? アンちゃんもプロならテメーのケツは自分で拭けよ」と手厳しい。

 

 さらには「このまま無視するならそれでもいい。しかしお前がツバをのみ込んだまま生きていくなら、俺は引退した後も善良な一市民としてお前の動きを全部見てるからな」と怒りは収まらなかった。

 

 この日の天龍プロジェクト新木場大会のメーンでは新井健一郎、火野裕士とトリオを結成して藤原喜明、真霜拳號、田村和宏組と激突。天龍プロ最後の新木場大会を勝利で締めくくった。試合後には観客に向かって「東スポにどこかのどいつの名前が出ましたが、皆さんどう思いますか?」と問いかけると、嵐のような拍手。天龍は「分かりました。季節外れのヤツメウナギを捕まえに行きます」と独特の表現で応えた。

 

 控室では「頭を下げに行かなければならないなら、ジャイアント馬場さん以来、頭を下げに行きますよ」と不気味な笑みを浮かべた天龍。果たしてG1後にオカダはどう返答するのか、それとも――。ミスタープロレスの格闘技人生は、最後の最後まで波乱含みとなってきた。