新日・洋央紀が「戦国BASARA」デザインの新コスチューム発表

2015年07月17日 17時39分

「雷神」をイメージした洋央紀の新コスチューム

 新日本プロレスのIWGPインターコンチネンタル王者・後藤洋央紀(36)が17日、真夏の祭典「G1クライマックス」(20日、北海道・北海きたえーるで開幕)に向けて都内で新コスチュームを発表した。

 これは新日プロとコラボしたカプコン社のゲームソフト「戦国BASARA」開発チームがプロデュースしたもの。「雷神」をイメージし、和風のデザインになっている。頭巾もついており、G1では実際に入場時に着用する予定だ。

 後藤も「これを見たときはときめいた。試合への集中力を高めることができる」と満足げ。2008年以来、7年ぶりのG1制覇へ大きな弾みになりそうだ。