中邑がG1で“IWGPかICか”王者比べ

2015年07月15日 16時00分

IWGP王者とIC王者の“力量比べ”をもくろむ中邑

 新日本プロレスの中邑真輔(35)が「G1クライマックス」(20日、札幌で開幕)での「王者比べ」を予告した。IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(27)、IWGPインターコンチネンタル王者の後藤洋央紀(36)と同じBブロックに入った中邑は不敵な笑み。かつてのIC絶対王者の思惑は――。

 

 大阪城決戦(5日)の入場時で忍者に扮した中邑は、殿・後藤に敗れIC王座奪還に失敗。「忍術修行が甘かったというかね」と敗因を分析しつつも、気持ちはすでに真夏の祭典に切り替わっている。

 

 そのG1ではオカダ、後藤の両王者と同じBブロックにエントリー。これは現在の中邑にとっては願ったりかなったりの展開と言える。「こっちの方が断然いい。ICとIWGPの王者に勝てば、副賞として(将来的な挑戦)チャンスもあるでしょうよ。こんなおいしいブロックはない」

 

 G1覇者には翌年1月4日東京ドーム大会でのIWGP挑戦権利証が与えられてきているが、公式戦で黒星をつけるだけでも王座戦線に浮上することは十分可能だ。

 

 ICベルト初戴冠を果たした2012年7月以降は同王座戦線に固執してきた中邑だが「(今の自分は)丸腰だから、触れた方に傾くだろうよ」と、両王者との対戦機会が与えられた今年のG1には、フラットなスタンスで臨むつもりだ。ましてや現IWGP王者のオカダには昨夏の決勝戦で敗れており「今年は力入るかな」と、公式戦(8月15日、両国)に向け腕をぶした。

 

「ICは『またかよ、中邑』状態だけど、IWGPだってAJ、オカダ、棚橋あたり(の限られた王者)で回ってる。どんな面白いことができるか。IWGPもICも同格だから」と両にらみの中邑は、公式戦での“王者比べ”で次なる狙いを定める意向だ。

 

 後藤への雪辱か、それとも11年9月以来約4年ぶりとなるIWGP戦線出撃か。ベルトは失っても不変のカリスマが虎視眈々と主役の座を狙う。