人気女子レスラー華名 無期限で活動休止

2015年07月09日 11時00分

活動休止する華名

 女子プロレスラーの華名(33)が無期限で活動を休止することが8日、分かった。

 関係者によると、9月15日に東京・後楽園ホールで開催する自主興行「カナプロマニア:パルス」をもってプロレス活動を停止し、それ以降の自主興行のほか、他団体参戦も含めた試合出場をすべて白紙にするという。本紙の取材に華名は「(9月16日以降に)参戦予定だった大会および大会関係者の皆さん、ファンの皆さまには深くおわびします」と話した。

 理由については「すみません。今はまだ話せません…」と明かさなかったが、あくまで活動休止であり現役引退は否定した。ビジュアル系レスラーとして各団体から引く手あまたの華名は、REINA女子やWAVEといった女子団体を主戦場としているほか、今年はノアのリングにも上がったことがある。

 一方、昨年2月から後楽園ホールで定期開催する「カナプロマニア」はこれまで5大会を成功に導くなど、プロデューサーとしての手腕にも定評があった。

 なお、10日のREINA女子後楽園ホール大会をはじめ、9月15日まで参戦が決まっている大会には予定通り出場する。人気選手の離脱は、女子プロレス界に大きな影響を与えそうだ。