橋本大地がリベンジ戦を直訴

2015年07月08日 16時00分

竹田(左)に蹴りを見舞う大地

<大日本7日・新木場大会>IGFからゲスト参戦中の橋本大地(23)は橋本和樹との“チーム大和”で、“黒天使”沼澤邪鬼、竹田誠志組と対戦。ミドルキック、ニールキック、DDTなど正攻法で追い込んだが「俺ごと刈れ」の体勢をかわされると、味方のラリアートが首に直撃。悶絶するすきに、和樹が急所攻撃からの首固めで敗れた。

 

 試合後、大地は「あんなタキシード(沼澤)に負けてる場合じゃない」と怒りをあらわにし「いつでも組め! あと今まで負けてきた、ツインタワーズ(佐藤耕平、石川修司組)、なんちゃらジャンキーズ?(ヤンキー二丁拳銃?)まとめてやってやる!!」とリベンジ戦を直訴していた。