【新日・大阪城決戦】KUSHIDA オメガ破りIWGPジュニア奪回

2015年07月06日 16時00分

場外のオメガ(下)に鉄柱越しのトペコンヒーロを放つKUSHIDA

【新日・大阪城決戦(5日)】IWGPジュニアヘビー級選手権試合は挑戦者のKUSHIDA(32)がケニー・オメガ(31)を撃破して、第71代王者に就いた。

 序盤に右ヒザを痛め、非情なヒザ攻めを受けたが、負けじと左腕を狙い続けた。13分過ぎには痛めた足で鉄柱越しのトペを成功させると、最後は片翼の天使(変型ドライバー)を狙うオメガの左腕をとらえ、ホバーボードロック(キムラロック)で勝利した。

 6月の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」を初制覇した勢いで、1年ぶりにジュニアの至宝を手にしたKUSHIDAは「コイツ(ベルト)に世界最高峰の景色を見せてやる」と約束。初防衛戦の相手は、昨年のスーパージュニア決勝で敗れたリコシェ(26)が決定的で「2014年のKUSHIDAとは別人だから」とリベンジを誓った。