AJスタイルズが明かす「俺の世界シナリオ」

2015年07月02日 16時00分

来日したAJスタイルズ

 いよいよ真打ち登場だ。5日の新日本プロレス・大阪城ホール大会でオカダ・カズチカ(27)とのV2戦に臨むIWGPヘビー級王者・AJスタイルズ(37)が1日、米国から来日した。新日プロが21年ぶりに再進出を果たす大阪城決戦の主役となるが、本紙直撃に応じて現在の胸中を激白。世界ナンバーワンレスラーであることを証明すると意気込む王者は、さらなる野望も明かした。

 

 ――5月の福岡大会以来の来日で、体調は

 

 AJスタイルズ:米国や英国で試合をしてきたが、ベリーグッドコンディションだ。1週間前までバカンスでフロリダに行ってたが、そこでも練習は毎日してたからね。

 

 ――ずいぶん余裕だ

 

 AJ:実は9歳の息子のエージェイ(Ajay)が所属しているベースボールチームが、世界大会で優勝したんだ。そのご褒美として一緒にバカンスを楽しんだのさ。息子はピッチャー、セカンド、ショートをやってて、驚くほど足が速い。俺に似て運動神経がいいんだ。アイツはたぶん将来はメジャーリーガーになるよ。ハハハ。

 

 ――次は父である自分が世界一のレスラーであることを証明する

 

 AJ:イエス。オカダは今やグリーンボーイではなく、新日本で最も良いレスラーの一人だと認めている。だが、俺は世界中でベストのレスラーなんだ。これまで(オカダと)3度(IWGP)タイトルマッチを戦って全て勝ってきたが、何度だって打ち破ってやる。

 

 ――4月の両国、5月のカナダ(ROHとの合同興行)で2回にわたりレインメーカーを浴びてKOされたが

 

 AJ:それは試合後のリングでの出来事だろう? あんな手は、試合の中では通用しない。試合が始まればレインメーカーはノーチャンスで、俺のスタイルズクラッシュ(必殺技の変型顔面砕き)で終わるだろう。

 

 ――大阪城ホールは新日本にとって21年ぶりの再進出となる重要な大会。その主役として意気込みは

 

 AJ:21年ぶり? それはエキサイティングだ。ビッグアリーナで試合をできるのは楽しみだし、それにふさわしい試合をすることを約束するよ。今週はWWEも日本大会(3、4日、東京・両国国技館)があるんだろう? 新日本のリングが最も素晴らしく、俺が世界一のレスラーであると証明してみせるよ。

 

 ――防衛後の青写真は

 

 AJ:ベルトを守って1週間米国に帰る。そうしたらもうすぐに「G1クライマックス」(20日、札幌大会で開幕)だ。とてもハードだが、俺の目標は外国人選手として史上初のG1覇者になることだ。それは去年できなかったことでもあるから、ぜひ実現したい。