「札幌テイセンホール」ラスト興行で小橋が思い出語る

2015年07月01日 16時00分

天龍(左)と談笑する小橋

<大日本30日・札幌大会>“北の格闘聖地”だった札幌テイセンホールはこの日をもって閉館になり、これが最後のプロレス興行となった。くしくも1995年11月に男子プロレス団体で初使用したのも大日本だった。トークショーを行った元プロレスラーの小橋建太(48)は「テイセンは谷口との試合が一番の思い出ですね」と09年10月24日のノアで谷口周平(マイバッハ谷口)と対戦した試合を懐かしんでいた。