朱里の関心は2大決戦よりも自分の美貌?

2015年06月18日 16時00分

会見中に手鏡を見つめ、自分の顔にウットリする朱里(右)にECCW王者のキャット・パワーもあぜん

 REINA女子プロレスは17日、7月10日の東京・後楽園ホール大会で元WWEディーバのセリーナ(29)が引退試合を行うと発表した。

 

 会見に出席した朱里(26)は「いろいろな団体で戦ってきて、どの試合も思い出がある。引退試合の相手に私を指名してくれたので、自分の持っているものを出し切りたい」と話した。

 

 2011年1月にSMASHへ初来日したセリーナは、その後はWNCに参戦。推定Gカップの巨乳を揺らしながらのスピアーを武器に、13年8月には朱里を下してWNC女子王座を獲得した。

 

 戦友の引退には特別な感情を抱いているという朱里だったが、その後はやはり変な方向に進んだ様子で、会見中にも手鏡を見つめながらウットリし、化粧直しまで始める始末だった。7・12ラゾーナ川崎大会ではキャット・パワー(年齢非公表)が持つカナダECCW世界女子王座挑戦が決まるも、あまりにも失礼な態度に、王者は途中退席してしまった。朱里はどこに向かっているのか…。