みのるがハンセン氏にも毒ガス噴射

2015年06月17日 16時00分

ハンセン氏にまで悪態をついたみのる

 お前は追放だ。GHCヘビー級王者・鈴木みのる(47)が16日、不沈艦スタン・ハンセン氏(65)にまで毒ガスを放った。

 

 みのるは前夜のノア大阪大会で2度目の防衛に成功。試合後に挑戦を表明してきた帝王・髙山善廣(48)とのV3戦(7月18日、後楽園ホール)も正式決定した。

 

 自身のグッズショップ「パイルドライバー原宿」で一夜明け会見を行ったみのるは「プロレス界に王様は2人いらねえ。アイツはただのポンコツだ!」とジャーマンで投げ捨てられた怒りも収まらない様子で吐き捨てた。

 

 矛先はGHC管理委員長ハーリー・レイス氏の代理を務めたハンセン氏にまで向けられた。鈴木軍の蛮行に怒った不沈艦は試合後、ベルト授与を拒否したのだ。

 

「だったら二度とリングに上がるな、この野郎。レイスの代理人ならベルト渡せよ。もうアイツはクビだ、クビ。ノアも小橋だのハンセンだのポンコツばかり呼ばねえで、次はレイスを呼べ!」(みのる)。再び顔を合わせれば実力行使に及ぶのは間違いない。

 

 7・1後楽園ではノアvs鈴木軍の5対5シングル対抗戦も決定。次から次へと敵をつくるみのるは「5勝0敗に決まってんだろ。それとマスコミ諸君は帰りに必ず何か買って帰るように」と集まった報道陣まで涙目にさせていた。