天龍 6年の沈黙破り初激白「三沢光晴の真実」

2015年06月16日 10時00分

天龍(右)は他の選手たちと追悼セレモニーで黙とうした

 11月に引退するミスタープロレス・天龍源一郎(65)が14日、盟友への熱き思いを激白した。天龍は故三沢光晴さん(享年46)の七回忌メモリアル大会(13日、広島グリーンアリーナ)に出場。リング上での急逝から6年間、三沢さんの死について無言を貫いてきたが、七回忌を終えた今、故人への思いを初めて明かした――。

 天龍は七回忌メモリアルマッチで高山善廣、小川良成と組み丸藤正道、永田裕志、井上雅央組と対戦。丸藤と壮絶なチョップ合戦を展開し、故人のクセだった指で汗をぬぐうポーズも披露した。あれから6年。天龍は三沢さんの死についてコメントすることは一度もなかった。

 天龍:そうだね。東スポには何も話してないね。どんなにお悔やみの言葉を申し上げたとしても、言葉の羅列でしかない。今は思い出として語れるようになった。それだけのことですよ。

 実は三沢さんに酒を教えたのは天龍だった。2代目タイガーマスクだった1985年ごろから酒席に誘うようになり、銀座を中心に朝まで連日連夜飲み明かすようになった。当時天龍35歳、三沢23歳。年の離れた兄弟のような関係だった。

 天龍:気心が知れたというか、なぜかウマが合った。いつも(三遊亭)円楽師匠と一緒でね。最初は本当に無口でおとなしいヤツだと思った。銀座に飲みに行くと、まだ体の線が細かったから、お姉ちゃんたちは「こちらの方もプロレスラー?」と聞くわけだ。三沢は自分がタイガーマスクだと言いたくて仕方がなくてウズウズしてる。で、宴もたけなわになったころを見計らって「実はこちらはタイガーマスク」と正体をバラす。するとお姉ちゃんたちは「キャーッ」と大騒ぎになって、三沢は胸張ってうれしそうにガンガン飲み始める。それがもうおかしくておかしくて(笑い)。

 三沢さんは88年、真由美夫人と結婚したが、その付き合いは終わることはなく、むしろ勢いを増したという。

 天龍:今こそ奥さんに謝りたい。結婚したてなのに朝まで引っ張って飲んで申し訳なかった。というか三沢は一度途中で寝てからまた飲み始めるから、必然的に朝までになったんだけどな…。どうしても許せないのはその後「当時、飲みに行くと必ず天龍さんがいた」って何かで話していたこと。後からついてきたのはお前で、呼んだのは俺だ、コノヤロー!

 その後、90年に天龍は全日本プロレスを離れ、三沢も2000年にノアを設立。05年1月の天龍ノア参戦まで2人の関係はいったん空白の期間を迎える。

 天龍:郷愁の念というか、30代の自分が存在した全日本プロレスの風景を求めて、さまようようにノアに参戦した。しかしそこにあったのは「ジャイアント馬場の全日本」ではなく「三沢光晴のノア」だった。そこで俺の中では、ある程度気持ちの区切りがついたんだね。最後に飲んだのは札幌のすし屋か…(05年6月)。昔みたいに頭をつかんでシェークして酔っ払わせたら、お付きの若い連中にひんしゅく買いました。

 同年11月の日本武道館大会では約18年半ぶりの一騎打ちが実現。敗れはしたが、天龍にとってどうしても忘れられない一戦となった。

 天龍:俺はパワーボムを仕掛けたんだが、持ち上がらない。俺の力が衰えたのか、三沢が踏ん張ってたのか。「コノヤロー貫禄つけやがって」と腹を立てていたんだが、後で写真を見たら、俺が三沢の足を踏んだまま持ち上げていたんだ。そりゃ持ち上がるわけないよなあ(笑い)。

 この試合後には首の痛みの悪化を訴えていた三沢さんのために、当時経営していた「鮨處しま田」(東京・世田谷)にカイロプラクティックの先生を呼んで施術を頼んだこともあったという。

 天龍:今でも俺が世話になっている先生を呼んで首を治療してもらったんだ。「少しは良くなった?」と聞いたら「うーん、まあまあですね」と捨てゼリフ吐きやがってあのヤロー。つい数日前にその先生に会ったら「あの後、三沢さん何度かいらっしゃいましたよ」と言っていた。何だよ、効いてたんじゃねえかって。

 11月での引退を決意した今年、くしくも七回忌を迎えた。今、三沢さんに改めてささげる言葉はあるのだろうか。

 天龍:ない。生きていようが生きていまいが、いまさら何の言葉も必要ない。俺の一番楽しい青春時代、三沢が一番元気だった時代をともに過ごした盟友だから。アイツはさっそうと風のように過ぎ去っていった。今でも心に深く残る。また飲みたいよ。