飯伏「日めくりカレンダー」で打倒修造!

2015年06月13日 16時00分

飯伏は日めくりカレンダーでパンツ一丁姿を披露

 飯伏幸太(33=新日本プロレス・DDT)の赤裸々写真を入手した。“プロレス女子ブーム”のけん引役は出版業界からも熱視線を送られ、プロレスラーとしては初の「日めくりカレンダー」の発売が決定。プロレス女子卒倒必至のパンツ一丁ショットまで収録され、キテレツな人間像そのままの仕上がりとなっているが、出版社が“ライバル”に指名したのはやはりあの熱血男だ――。

 

 プロレス女子ブームの中心的存在とも言える飯伏は、テレビやCMなどメディア露出が急増中。その勢いを象徴するかのように30日には日本文芸社から「日めくりゴールデン☆スター飯伏幸太」(税込み1080円)が発売される。本紙はその中身の一部を入手したが、アンダータイツ一丁姿であざとささえ感じるほど股間に視線を誘導するようなショットも…。もちろん「ソノ手」の商品ではないが、飯伏の人間性同様に過激な一面も反映されている。

 

 同社担当者は「注目度の高さ、枠にとらわれないキャラクター、フェースと肉体に注目してオファーをしました。女性ファンも多い。まだ見せていない部分が出せたと思います」と発売に至る経緯を説明。その上で「目標はやっぱり松岡修造さんですよね」と話した。

 

 日めくりカレンダーを一躍有名にした松岡氏の「まいにち、修造!」は空前の大ヒットを記録した。とはいえ、現役アスリートで日めくりカレンダーを発売したのはサッカー元日本代表FW三浦知良(48=横浜FC)くらいのもの。この敷居の高いなかで、プロレス界屈指の女性人気とその裏に隠された闇…いや破天荒さを持つ飯伏に白羽の矢が立てられた。

 

 飯伏は「丸3日だから撮影時間は今までで一番長かったですね。プロレスを広めるためにやっているので、これでプロレスが広まってくれたら」と目を輝かせた。

 

 本業のリング上でも忙しい。出場が決まった新日プロ「G1クライマックス」では、棚橋弘至(38)から開幕戦(7月20日、北海道・北海きたえーる)での対戦を熱望された。飯伏も「やっとチャンスが来たかと。去年できなかったので、今年のG1を棚橋さんとの試合で始められたらベストという思いはあります」と呼応。内外で強力すぎる“ライバル”に囲まれながらも「ゴールデンスター」への階段を上り続ける。