初代タイガーを直撃「死を覚悟していた」

2015年06月06日 16時00分

初代タイガーマスク

“伝説の虎”は復活できるのか。狭心症で心臓の緊急手術を行い、去就が注目されているリアルジャパンプロレス(RJ)の初代タイガーマスク(57)が、本紙直撃に応じた。表情は明るく順調な回復ぶりがうかがえたが、手術の詳細や発症のきっかけとなった元横綱曙(46=全日本プロレス)への思い、そして気になる引退問題まで現在の胸中を赤裸々に語った。

 

 ――改めて経緯を

 

 初代虎 曙戦(RJ3・20後楽園ホール大会)の後、心臓の辺りが痛くなったが、今新しい格闘技を企画していていろいろ忙しくて病院に行けなかった。初めて受診(5月2日)した時、先生から「あらゆる数値が悪い。突然死してもおかしくない」と言われました。

 

 ――同18、19日に再検査

 

 初代虎 その時は数値が全部良くなってたんです。薬が効いたのか医者も驚くほど。ただCTスキャンなどの結果が悪かったので手術になった。

 

 ――同22日に(心臓近くに細い管を入れる)カテーテル手術

 

 初代虎 まず手首から入れて、血管の詰まりなどの関係で入らないようなら足から入れ直す、それでも無理なら開胸手術という話でした。でも(一番負担の軽い)手首で助かりました。僕は小学生のころに心臓病をやっていて、術中に先天的に細い血管が見つかった。「こっちも治しときましょう」ということで計3本の血管を広げました。

 

 ――現在は自宅で食事療法を行っている

 

 初代虎 簡単に言えば質素な食事をよくかんで食べる。これは全く苦になりません。反対に僕は勧められるほうが嫌。目の前にあると食べちゃうんで(笑い)。(元関脇)貴闘力なんてメシの後、ホットケーキ10枚食べさすからね。お医者さんには「次は貴闘力が来ますから」って言ったんですよ(笑い)。

 

 ――表情が明るい

 

 初代虎 精神面は大丈夫。手術の時も家族や平井(丈雅RJ代表)がものすごく心配するから、それを見てこっちが心配になってきて。死も覚悟したけど、恐怖心はなかった。

 

 ――レスラー仲間から反応は

 

 初代虎 たくさん連絡をいただきました。僕がいつも冗談を言うので、長州(力)さんは電話で「うそだろ?」「本当ですよ」と話をして(笑い)。藤波(辰爾)さんからも「大丈夫か? みんな今度だけは本当だって言ってたから」と。でもありがたいですよ。

 

 ――曙も心配していた

 

 初代虎(真剣な顔つきで)責任もないし、心配する必要もないです。技をうまく受けられなかった自分が悪い。

 

 ――引退は

 

 初代虎 考えてません。ただいつ練習が再開できるか…という状態なので復帰時期は分からない。でもこのまま痩せるでしょうし、心臓の不安もなくなったので、今まで以上に動けるようになるかもしれません。いずれにせよ、ご心配をおかけし申し訳ありませんでした。