IGF勢来場せず…諏訪魔激怒「藤田は逃げた」

2015年05月07日 16時00分

招待したIGF勢は現れず。諏訪魔は試合中に怒りの声を上げた

「王道戦士」VS「猪木ゲノム」開戦ならず――。6日、全日本プロレス・後楽園ホール大会が行われ、諏訪魔(38)が来場を呼びかけて注目が集まっていた野獣・藤田和之(44)は姿を現さなかった。暴走専務は「逃げたとしか思えない」と激怒。両団体は今後どう動くのか。

 

 以前から藤田との対決を熱望していた諏訪魔は、5日のIGF大阪大会を電撃訪問。リングサイドで野獣と視殺戦を繰り広げると、サイモン猪木IGF取締役に「藤田と対戦したい。明日(6日)返事を聞かせてくれ」と、この日のチケットを手渡した。

 

 しかし、用意した席はいつまでたっても空席のまま…。諏訪魔は青木篤志とのタッグで、ジョー・ドーリング、佐藤光留組と対戦したが、試合そっちのけで「何で来てねえんだよ!」と叫ぶと、その席のイスで佐藤を殴打。

 

 ラストライドで勝負を決めた後も、空席をにらみながら退場した。

 

 暴走専務は「俺は純粋に『藤田と戦いたい』とサイモンに言付けしたんだ。スカしてんのか? 逃げてんのか? 藤田も(5日の)試合中はまくし立てたくせに、今日冷静になったら『やりません』かよ」と憤りをあらわにした。

 

 IGF陣営からは、これまで「いざとなったら尻込みするようなやつら」などと一方的に罵倒されてきた。にもかかわらず、直接手渡した「招待状」を無視されたとあっては、怒りが収まるはずもない。

 

「こうやって人の気持ちを踏みにじるのは、どうかと思う。藤田とサイモンだけは絶対に許さない。バカにしてるのかよ。逃げたとしか思えない。どうなんだ、藤田、サイモン? 回答を求めるよ」と諏訪魔は、あきれ顔で通告した。

 

 その一方で、同門のエボリューションの青木は「団体に魅力はないが、あるとしたら1人(※ケンドー・カシン)ぐらい」と参戦を否定せず、佐藤も「俺も行きます」と対抗戦の参戦を表明。ドーリングも「OK」の意思を示しているといい、諏訪魔は一個人から「エボリューションVSIGF」の抗争発展に含みを持たせた。

 

 果たしてIGF側は、どう返答するのか。がぜん注目が集まる。