洋央紀が史上初のIWGP&インターコンチ統一戦構想

2015年04月28日 16時00分

後藤(右)は中邑の胸に鋭いキックをめり込ませた

 5月3日の新日本プロレス福岡国際センター大会でIWGPインターコンチネンタル(IC)王者・中邑真輔(35)に挑戦する後藤洋央紀(35)が27日、天下統一の野望を掲げた。IC王座は中邑が独自路線で確固たる地位を築いたが、後藤は3年前の王者時代になし得なかった目標を実現するべくシフトチェンジを予告。史上初となるIWGPヘビー級王座との統一戦を見据えている。

 

 IC王座が現在のようにIWGPと並ぶ「2大王座」となる転機は、2012年7月の中邑初戴冠で間違いない。昨年には1・4東京ドームのメーンイベントにIC王座戦を“昇華”させた中邑の功績は大きく、逆に中邑にICベルトを奪われた後藤からすれば王者としての差を見せつけられた格好で、何とも立場のない話だ。

 

 となれば今回の福岡決戦で返り咲きを果たし、中邑を上回る王者像をつくり上げる必要がある。後藤は「中邑が(ICの)価値を上げたというのは認めざるを得ない。ただ同じことをしてもしょうがないしね」と秘めた思いを明かした。

 

 見据えるのは、史上初となるICとIWGPの統一戦だ。「IWGPとどっちが上か、白黒つけてもいいんじゃないの? 統一戦。それができるのは俺しかいないし、俺がやるからこそ意味があると思っている」。あえてIWGPと一線を画す独自路線を確立させた中邑とは正反対の発想だが、一つの団体の同じ階級に同等価値のベルトが2つあるならば「統一王者」を目指す人間がいても何らおかしくはない。

 

 しかも後藤にはIC王者だった12年5月にIWGP王者オカダ・カズチカとの「王者対決」で敗れた苦い過去がある。当時はIWGPのみがかけられた一戦だったが、両王者の対戦は以降一度も実現していない。雪辱を期し虎視眈々とダブルタイトル戦の実現を狙っていた矢先に中邑にベルトを奪われており、荒武者の天下統一は前回王者時代に果たせなかった野望の続きでもある。

 

 この日の博多大会では中邑と前哨タッグ戦で激突。激しい打撃戦を展開し、同期へのライバル心をさらに燃え上がらせていた。