ノア「超危暴軍」が鈴木軍追放を宣言

2015年02月28日 16時00分

杉浦(左)に強烈なラリアートをぶち込む森嶋

 ノアの極悪軍団「超危暴軍」が27日、鈴木みのる(46)率いる「鈴木軍」を方舟マットから追放することを予告した。今年に入り、超危暴軍の存在感が薄れている。その理由はノアマットに襲来した鈴木軍で、超危暴軍のスポークスマンを務める拳王(30)も「1月、2月はアイツらにのみ込まれたな。向こうも完成した軍団だし」と認めるしかなかった。

 

 ノア本隊は鈴木軍との全面戦争に突入。同じくノア本隊を標的とした超危暴軍は浮いた存在になってしまった。だが、ここにきて、ボスの森嶋猛(36)が「中心は俺たち超危暴軍だ!」と大号令を発したという。

 

 拳王は「めったに話さないドンがああやって口にしたってことは、俺たちを引き締める意味もあった。たまりにたまったものが、ものすごい勢いで出てくるからな」。

 

 3月15日の有明コロシアム大会でGHCジュニアタッグ王者の拳王、大原はじめ組は、3WAY形式のV4戦で鈴木軍のTAKAみちのく、エル・デスペラード組と対戦する(もう一組は原田大輔、平柳玄藩組)。ここから一気に鈴木軍との対戦に持っていく方針だ。

 

 この日は都内で超危暴軍興行を開催。シングル5番勝負では2勝3敗と負け越したが、メーンを勝利で締めくくった森嶋は「外敵をひねりつぶし、ノアが強いことを示す!」と誓った。