凄惨マッチの世IV虎が涙浮かべ陳謝 王座剥奪&無期限出場停止処分

2015年02月25日 16時30分

会見で謝罪した世Ⅳ虎、左は風香GM、右は小川社長

 女子プロレス「スターダム」は25日、都内のゼロワン道場で緊急会見を開き、22日の後楽園ホール大会で起こった世IV虎(よしこ=21)対安川惡斗(あくと=28)の凄惨マッチについての声明を発表した。

 会見には世IV虎とロッシー小川社長のほか、風香GM、所属選手が出席。会見冒頭で小川社長、風香GM、世IV虎、高橋奈苗、木村響子の5人が頭を下げた。

 小川社長は「プロレスの範ちゅうを逸脱した行為が起き、安川惡斗選手が重傷を負いました。ご迷惑とご心配をおかけしたことを深くおわびいたします。申し訳ありませんでした」と陳謝し、世IV虎にワールド・オブ・スターダム王座の剥奪と、無期限の出場停止処分を下したことを明らかにした。また、世IV虎のTKO勝ちとされた裁定もノーコンテストに変更された。

 さらに小川社長と風香GM、最年長選手の高橋奈苗が3か月間、30%減給を科されることになった。

 黒のスーツ姿で会見に出席した世IV虎は、目に涙を浮かべながら「このたびは、ケガをさせてしまった安川惡斗選手、選手のみなさん、プロレス界のみなさん、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 また手術のため入院中の安川は頬と鼻、左眼窩底の骨折を負ったことが発表され、両目の網膜浸盪症(しんとうしょう)と診断も下されたという。

 会見では今後の改善策として(1)顔面へのパンチを禁止、(2)リングドクターを本部席に置く、(3)宝城カイリが選手会長を務めるの3点が発表された。