顔面骨折の惡斗が告白「凄惨ケンカマッチの真相」「元の顔に戻して復帰します」

2015年02月24日 16時00分

試合が止められた後も、世IV虎に向かって行こうとする安川

 女子プロレス「スターダム」22日の後楽園大会で、世IV虎(よしこ=21)と凄惨マッチを展開して病院へ緊急搬送された安川惡斗(28)が一夜明けた23日、本紙に心境を激白した。顔面の複数箇所に骨折が判明し周囲からは心配する声が上がっているが、本人は復帰に意欲を見せている。プロレスを逸脱したケンカマッチに至ったリング上で、いったい何が起きていたのか――。

 安川は同大会で世IV虎の執拗な顔面パンチを浴び続け病院に緊急搬送された。ルールを逸脱した凄惨なケンカマッチには、各方面から厳しい声が出ている。

 無残に顔面崩壊していた安川のダメージはやはり深刻。検査では頬と鼻、左眼窩底の骨折を負っていたことが判明した。右目は腫れがあまりにひどくCTが取れない状態で後日再検査を受けるが、網膜剥離の可能性もあるという。安川を指導している元格闘家の大山峻護氏(40)は「もともと右目が白内障で見えず、去年手術して人工レンズを入れていたので、とにかく目が心配。ケガや病気を乗り越えてきただけに本人のショックを想像すると胸が痛い」と憤りを隠せない。

 当の安川はこの日、気丈にも本紙の取材に応じ「ケンカマッチになってしまい、まずはお客さんに申し訳ない」と謝罪した。

「レスリングから始めるつもりだったんですけど、相手が動いていなくて。近づいたら『来いよ』と。それでロシアンフックを首に打ち込んだら、いきなり顔面パンチが来たので『やらなければやられてしまう試合なんだ』と覚悟が決まってしまった。鼻血が止まらなかったので折れてるのかと思いましたが、1分や2分で終わってしまっては申し訳なくて…」とリング上を振り返った。

 双方の仲はもともと険悪だった。決定的な亀裂が走った時期に関しては不明だが、安川は「話や練習に付き合ってもらえなくて、気に食わない存在なんだろうとは思ってました。どう接していいか分からなかった。向こうが今、どう思っているのか気にはなりますけど…」と複雑な心境を吐露した。

 今回の負傷は最悪の場合は選手生命にもかかわる可能性がある。それでも安川は「今まで退団した子たちもこういうことで辞めていったと思われたくない。できるだけ元の顔に戻したいし、こういう逆境は慣れているので必ず戻ります」と復帰に意欲的。現段階では法的措置も考えていないという。