【赤鬼追悼秘話】ルスカさん“ハンセンにイタズラ事件”

2015年02月16日 19時00分

猪木との格闘技世界一決定戦は世界中の注目を集めた

 1972年のミュンヘン五輪柔道男子で重量級と無差別級の2階級制覇を達成したオランダの“赤鬼”ウィリエム・ルスカさんが14日、死去した。74歳だった。国際柔道連盟(IJF)が15日に発表したもので、ルスカさんは脳出血のため2001年から闘病生活を送っていた。柔道引退後はプロ格闘家に転身。76年に「格闘技世界一決定戦」でアントニオ猪木と対戦し、バックドロップ3連発で敗れたシーンはいまだにプロレスファンの語り草になっている。「史上最強」との評もある伝説の柔道家の仰天秘話を追悼公開――。

 五輪の柔道で同一大会2階級制覇達成は、ルスカさんしかいない。1967年、71年の世界選手権でも優勝しており、顔を真っ赤にしての激しい戦いぶりから「赤鬼」と呼ばれた。柔道を引退後は、大病を患った夫人の手術代を捻出するため、プロ格闘家に転向した。76年2月6日に行われた猪木戦は世界中から注目を集めた。

 猪木戦を前に来日したルスカさんには、すごい逸話がある。ルスカさんは柔道の総本山・講道館で調整したが、初日に練習していた並み居る猛者をバッタバッタと投げまくり。翌日から講道館では「プロの練習はお断り」となった。あまりの強さに総本山から“出入り禁止”をくらったというわけだ。

 プロ転向後も、心身両面でタフネスぶりを発揮した。米国WWF(現WWE)でルスカさんと柔道ジャケットマッチで戦ったこともある新日本プロレスの坂口征二相談役(72)が思い出を語る。

「日本に帰ってきてからはまたうち(新日本)のシリーズに参加してね。とにかく明るい性格だった。スタン・ハンセンが試合をしている時、控室でハンセンの眼鏡をマジックで塗って、ハンセンが試合から戻ってきてモメたりね。またグレート・アントニオの鎖をストーブの上に置いて、帰ってきたら『アチチ!』とか怒らせたり…。ものすごいいたずら好き。はっきり言ってプロレスはいまいちだったけれど、サッカーもうまいし、走るのも速かった」

“不沈艦”や“密林男”にも平気でいたずらを仕掛け、からかったとか。もちろん腕っ節に自信があるからできること。実際、腕相撲では連戦連勝で、相手がいないほど強かったという。

 ただ、坂口氏の指摘通りプロレスラーとしての力量はいまひとつで、王者になれなかった。オランダ柔道の先輩で同じくプロレスに転向したアントン・ヘーシンク氏(故人)のように柔道界に復帰する選択肢もあったが、田舎町に引っ込みバーを経営していた。

 ルスカさんが再び注目を集めたのは1997年秋のこと。バルセロナ五輪柔道銀メダルの小川直也(46)がプロに転向し、オランダ遠征を行った。当時小川を指導していた猪木氏と再会し上機嫌のルスカさんは、道場で小川とスパーリング。そこでなんと小川を裸絞めで失神寸前に追い込んだのだ。小川はその後、オランダのトップ柔道家たちとも稽古。まるで相手にしなかっただけに、赤鬼の強さが際立った。

「実はあの時、ルスカさんはビールを飲んで酔っ払っていたんだよね…。(当時)57歳と思えないほど力が強かった。柔道からプロの世界に飛び込んだ先輩として心構えとかも教えてもらった。奥さんの手術代を稼ぐためにプロ入りした話も直接してもらったし、今でも感謝している」(小川)

 2001年に脳出血で倒れてから闘病生活に入った。何度も“危機説”が流れたが、持ち前の体力とガッツで乗り切った。13年にIJFの殿堂入りを果たした。

 猪木氏はIGFを通じ「最近では体調を崩されているということを聞いていましたので、心に留めておりました。激闘を繰り広げた、かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです。心からご冥福をお祈り致します」とコメント。まさに世界の格闘技史に残る「伝説の赤鬼」だった。