石井がNEVER“暫定”王者に

2015年02月16日 16時00分

【新日本 14日・仙台大会】NEVER無差別級王者・真壁刀義は11日に発覚したインフルエンザの回復が間に合わず、王座を返上。石井智宏が本間朋晃との新王者決定戦を制し、第7代王者に返り咲いた。

 

 垂直落下式ブレーンバスターで死闘を制した石井は「真壁から引っぺがさねえと意味がねえんだ。暫定だな。アイツのウップンも全部受け止めてやる」と、前王者との防衛戦を自らに義務付けた。