【訃報】“赤鬼”ウィリエム・ルスカさん死去 76年に猪木氏と対戦

2015年02月15日 19時34分

ミュンヘン五輪の柔道で2階級制覇を成し遂げ、プロ格闘家としても活躍したウィリエム・ルスカさん

 1972年ミュンヘン五輪柔道男子で重量級と無差別級の2階級制覇を達成したオランダのウィリエム・ルスカさんが14日、死去した。74歳。国際柔道連盟が15日に発表したもので、ルスカさんは脳出血のため、2001年から闘病生活を送っていた。
 
 世界選手権で67年と71年に重量級を制したルスカさんは、72年のミュンヘン五輪で無差別級と合わせて2階級制覇。五輪柔道の同一大会2階級制覇は史上唯一だ。
 
 顔を真っ赤にしての激しい戦いぶりから「赤鬼」と呼ばれたルスカさんは柔道引退後、プロ格闘家に転身。76年には「異種格闘技世界一決定戦」でアントニオ猪木と対戦したが、バックドロップ3連発で敗れた。

関連タグ: