グレート小鹿が天龍に対戦要求

2015年02月13日 16時00分

天龍戦を熱望する小鹿

 国内最高齢レスラーのグレート小鹿大日本プロレス会長(72)が12日、引退を表明した天龍源一郎(65)に対戦を呼びかけた。

 

 小鹿はこの日のフリーダムズ新木場大会で6人タッグ戦に出陣。覆面トリオを相手に大暴れすると、最後はジ・ウインガーを足4の字固めに捕らえてギブアップを奪った。元気いっぱいの72歳はマイクを握ると、「後楽園に天龍が来る。俺は天龍とやりたい!」と訴えた。

 

 全日本プロレス時代の先輩にあたる小鹿は、天龍の引退を聞いた際「ショックで、何でだよ…という気持ちだった」という。だが引退を決めた経緯を知るにつれて、別の思いがわいてきた。くしくも3月23日のフリーダムズ後楽園ホール大会に、天龍の初参戦が決まっていたからだ。

 

 小鹿は「天龍選手の長い選手生活の中で、新しい団体のフリーダムズに上がる。そこに小鹿がいるのも何かの縁だ。花道の最初で、道草を食わせてやりたい。絶対に俺が天龍選手とやる」。72歳対65歳のレジェンド対決は実現するのか。