真壁 インフルエンザでNEVER王座返上の危機

2015年02月12日 15時55分

【新日本プロレス・大阪大会(11日)】NEVER無差別級王者の真壁刀義(42)がインフルエンザで欠場した。前日10日に大阪入りしていたが、この日の朝に体調不良を訴えて病院でインフルエンザと診断された。

 

 真壁は14日の仙台大会で石井智宏(39)との初防衛戦を控えている。新日プロは明日以降の回復を見て出場か否かの判断を下すと見られるが、診断から3日後の出場は極めて難しい。スイーツキャラでブレークしてリング内でも結果を出してきた真壁に痛恨の王座返上の可能性も出てきた。