橋本大地が「破壊王ラストイベント」計画

2015年02月12日 11時00分

胸に描くプランを明かした大地

 破壊王ジュニアこと橋本大地(22)が、故橋本真也さん(享年40)の急逝から10年の節目になる今年、記念イベントの開催を検討していることを明らかにした。

 大地は「僕としても今年でデビュー5年目になるし、自分自身で何か動こうと考えている」と話した上で「試合をしたほうがいいのかなとは思っているが、イベントとして何かを展示するようなものになるのか、ファンの交流会のようなものになるのか、どういう形になるのかは、まだ分からない」と説明した。

 開催時期は橋本さんの誕生日(7月3日)と命日(7月11日)が重なる7月を予定しているという。「七回忌(記念大会)などいろいろやったが、これで最後。おやじの名前を何回もほじくり返したくないので」という大地。そのプロデュース力に注目が集まる。

「GENOME32」では、クラシック・キッドとの対戦が決定。「前の団体(ゼロワン)で一緒だったが、互いに違う道を歩んで、またこうして試合ができるのは楽しみ。でも、手加減はしません」と闘志を燃やした。