近藤大丈夫か?なぜか征矢に弟子入り

2015年02月10日 16時00分

征矢(左)に弟子入りした近藤

 W―1タッグ王座を保持する近藤修司(37)が9日、ワイルド野郎・征矢学(30)に弟子入りしてしまった。

 

 近藤とカズ・ハヤシ(41)の王者組は、13日の後楽園ホール大会で田中稔(42)、吉岡世起(27)組とのV5戦に臨む。だが、決戦を控えた近藤が向かったのはなぜか征矢のもと。近藤は「相手の2人は蹴りを得意とする。俺も打たれ強さには自信があるけど、さすがに2人がかりで来られたらヤバイ。だから、強い体をつくってもらおうかと」と意図を説明した。

 

 先輩から頭を下げられた征矢はすっかり調子に乗り「ユーはキングコングを名乗っているが(注・異名であって本人は言ってない)まだ本物になりきれていない。決戦までにこれをやるのだ」とロープを差し出した。

 

 渡されたアイテムは「バトルロープ」と呼ばれるもので、波打つように両手で揺らすことで体幹を鍛えるのに有効なのだとか。「明日は上野動物園にキングコングの生態を見学に行くぞ!」(征矢)と、すっかりワイルドの道に引き込まれつつある近藤。明らかに選択を間違えたようだが、V5戦は大丈夫か!?