愛星ゆうな G乳ポロリ寸前

2015年02月02日 16時00分

渡辺(下)を攻め立てた愛星だったが、コスチュームに難あり

 1日のスターダム東京・新木場1stRING大会で、グラドルレスラーの愛星ゆうな(まなせ・ゆうな=27)が約10か月ぶりに復帰した。

 

 左鎖骨の骨折で長期欠場していた愛星は、中学3年生の渡辺桃(14)と対戦。青と黒の新コスチュームでリングインすると、欠場中のうっぷんを晴らすかのように大暴れした。コーナーに渡辺を追い込むと、鬼気迫る表情で踏みつける。

 

 あまりの迫力に、胸を強調したコスチュームがズレ始め、自慢のG乳がポロリ寸前。393人超満員札止めの観衆で埋まった会場はある意味、興奮のるつぼと化した。最後は6分46秒、横入り式片エビ固めで敗れてしまい「あっという間でした。あと、このコスチュームはダメですね。おっぱいが出ちゃうので…。改良します」と話した。