RENA 3年ぶりに“キックルール”挑戦

2015年02月01日 16時00分

 シュートボクシング(SB)のRENA(及川道場)が、3年3か月ぶりのキックルールに挑戦する。

 RENAはキックボクシングイベント「NO KICK NO LIFE 2015」(2月11日、東京・大田区総合体育館)への参戦が決定。対戦相手は未定ながら、これまで男子の試合だけだった同イベントでは、初の女子の試合となる。

 しかも、RENAがSB以外のルールに挑戦するのは、2011年11月のRISEで行われた「初代RISEクイーン王座決定戦」(対神村エリカ)以来となる。

 RENAは「久々にSBルール以外の試合を行うのもいい経験になる」と今から待ち切れない様子だ。特に、新年一発目の試合にかける気持ちは強い。

 今年が創設30周年イヤーとなるSBでは今夏の「Gⅰrls S―cup 2015」で女子の世界タイトルが新設されることが発表され、早くもRENAが「初代王者決定戦」に出場することが内定したからだ。

「タイトルを目標にして、まずはいいスタートを切りたい。夏に向けて頑張って、今年は行けるところまでとことん行ってやろうと思っています」と誓ったRENA。その実力と美貌で女子キック界をけん引する。