宮本がゼロワン2・8新木場で念願の大谷戦

2015年01月30日 16時00分

左から大谷晋二郎、横山佳和、宮本裕向

 ゼロワンの2月8日東京・新木場大会で大谷晋二郎(42)と初対戦する宮本裕向(32)が、11年越しの思いをぶつける。

 

 木高イサミとの名コンビ「ヤンキー二丁拳銃」で出陣し、大谷&横山佳和とタッグ戦で激突する。2005年のゼロワン初参戦から数え、初めてゼロワンの象徴・大谷と対戦する機会が巡ってきた。参戦当初は大森隆男が率いた「アックスボンバーズ」で細々と活動…。約1年間で前座の2試合しか出場がかなわず、ほぼ無給状態が続いていた。

 

 地道な努力を重ね、今やインディ屈指のタッグチームのメンバーとなった宮本は「あのころはゴミのような扱いだったけど、這い上がってきた。今年は全面的にゼロワンに殴りこんで行こうと思う」と豪語した。

 

 大谷に成長した姿を見せつけ、そのまま本格侵攻につなげる決意だ。