真壁「NEVERを日本一有名にする!」

2015年01月24日 11時00分

NEVERのベルトを肩にスイーツに食らいつく真壁

 新日本プロレスのNEVER無差別級王者・真壁刀義(42)が、新政権の公約を掲げた。レギュラー出演中の「スッキリ!!」(日本テレビ系)をはじめメディア露出度で群を抜くスイーツプロレスラーには、王座奪取後から芸能界、スポーツ界から祝福の声が殺到。2月14日仙台大会の石井智宏(39)とのV1戦から始まる防衛ロードで、NEVERを日本一有名なベルトにする決意だ。

 

 真壁は1月4日の東京ドーム大会で石井を撃破し、同王座初戴冠。仙台決戦では前王者とのリターンマッチを受けて立つ。

 

 石井からは「真壁色がつく前に取り返してやる」と宣戦布告されたが「もうついてるよ、バーローめ。しょうがねえじゃん。反響? そりゃベラボーにすごいよね。新日本じゃ、誰も俺様に追いつけないくらいだと思うよ」。すでにテレビ番組でもベルト姿で出演しており、世間には真壁の名でNEVER王座が浸透していると主張する。

 

「スッキリ!!」で共演するメンバーをはじめ、芸能界から王座奪取を祝福する声も相次いでいる。「加藤(浩次)さんもテリー(伊藤)さんも青木(源太=日テレアナウンサー)も喜んでくれてるしね。大沢あかねちゃんも『おめでとうございます』って言ってくれた」とご満悦だ。

 

 さらに16日にはテレビ朝日「ビッグスポーツ賞」の表彰式で巨人・原辰徳監督と再会。IWGP王座を失って以降も「チャンピオン」と呼んでくれていた原監督に、王者に返り咲いた姿を見せることができた。「『よく頑張ったね。やったじゃん。キャンプ(見学に)絶対来いよ』ってね。しばらく行けてねえし、仙台で防衛したら間違いなくベルト持って行きてえよな」と誓いを新たにした。

 

 同表彰式では柔道男子66キロ級の阿部一二三(兵庫・神港学園高)から「いつもスイーツ見てます」と写真撮影を求められるなどモテモテだった。これもメディア露出が多く、知名度上昇中の真壁だからこそだろう。

 

 同王座は昨年、石井によって新日プロ内で確固たる地位が築かれた。だが真壁が目指すのはさらなる高みだ。「石井をけなすつもりはねえけど、今までご苦労さんってとこだな。こいつ(ベルト)だって世に出たいだろ? IWGPより有名だからな、今現在で言えば。あらゆる意味で肩並べてやるよ」と豪語する新王者が、NEVERの名を日本中にとどろかせる。