【プロレス大賞授賞式】技能賞ハルクの目標は「芸能界進出」

2015年01月20日 16時00分

会場にあったピアノを弾くハルク。それをウットリ見つめるのの子(左)

【プロレス大賞授賞式(19日)】技能賞に輝いたドラゴンゲートのエース・B×Bハルク(34)は、今年の目標に「芸能界進出」を掲げた。

 ドラゲーの至宝、オープン・ザ・ドリームゲート王者のハルクは「2015年はリング外に活動の幅を広げていきたい。テレビにも出たいし、舞台もやりたいですね。『見せる』という部分はプロレスと共通しているし、勉強になるはず」と野望を明かした。

 もちろん、団体の“顔”としての使命感もある。さらにはこの日の華やかな壇上を見て、触発された部分も大きいという。「沙希ちゃんなんて、タレントもしながら賞を獲得するほどレスラーとしても活躍している。健介さんだって、テレビで売れっ子じゃないですか。そういう方々を見て、プロレス会場に来るきっかけになったファンも多いと思うんです。僕もそんな存在になって、ドラゲーをもっと広めていきたい」

 自らが広告塔となって集客アップを狙うというハルク。この日も出席者から、なぜか会場にいたKカップ女子レスラー・のの子(年齢非公表)まで、多くの女性をトリコにし、そのスター性を見せた。

 休む間もなく、2・5後楽園大会では、難敵ジミー・ススム(36)との防衛戦が控えている。

「新人のころ、初めてドリームゲートに挑戦したときのチャンピオンがススムさんだった。それから俺は成長しているけど、ススムさんも進化している。“テクニックマスター”と呼ばれる人ですが、それを上回るテクニックで必ず防衛してみせます」

 ハルクが目指すのは、ドラゲー初のMVP。そのころには、芸能界でもブレークしている可能性も夢ではなくなってきた。

YouTube Preview Image