FMW復活!工藤めぐみさんが「爆破女王」襲名

2015年01月15日 16時00分

大仁田(左)にとっても頼もしい存在の工藤さん

 FMW復活祭じゃ。「なにわ超花火」(23日、大阪・ボディメーカーコロシアム第2競技場)でエグゼクティブプロデューサー(EP)を務める元FMWの“邪道姫”こと工藤めぐみさん(45)の肩書が、同じEPでも「エクスプロージョンプリンセス(爆破女王)」に変更されることが14日、分かった。

 

「超花火」シリーズのスタートとなる同大会では邪道・大仁田厚(57)と帝王・髙山善廣(48)が初代「爆破王」の座をかけ、ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチで対戦する。大会関係者によると、昨年の「大花火」シリーズで工藤さんの会場人気が予想以上に高かったことから、今後は電流爆破のシンボルとして活動することになった。

 

 晴れ着姿やコスプレ衣装でファンサービスを行うほか、グッズ販売も展開する。また5月に旗揚げ予定の新団体「超花火」では、選手スカウトや入門テストの試験官も務める。「おしとやかなプリンセスではなく、破天荒なプリンセスとして活動します」(工藤さん)。まさに超花火の目玉は「邪道と爆破の女王」ということになる。

 

 また同大会ではミス・モンゴル(上林愛貴=38)の試合が「婚約記念試合」になった。モンゴルは昨年末、お笑いトリオ「東京03」の豊本明長(39)との婚約を発表。FMWの同僚だったバッドナース中村さんやコンバット豊田さんも祝福に訪れる予定だ。

 

 豊本にはすでに来場要請しており、姿を見せれば人前式で結婚セレモニーを行い、一気に入籍まで進む可能性もある。工藤さんは「FMW世代のファンに集まってほしい。みんなで大仁田さんと髙山さんの試合を盛り上げます」と話した。