オカダ“1・4ショック”で深刻スランプ

2015年01月15日 16時00分

ドーム決戦で敗れ、泣きながら引き揚げるオカダ

 新日本プロレスのオカダ・カズチカ(27)が深刻なスランプに陥った。1月4日東京ドーム大会でIWGPヘビー級王者・棚橋弘至(38)との大一番に敗れ、ショックとダメージが蓄積。決戦後も引きこもり生活を送っていたことが判明した。さらに、初めて必殺技が棚橋に返されたことで「レインメーカー・イップス疑惑」も浮上するなど、苦しい状況に追い込まれている。

 

「史上最大の一戦」と銘打たれたドーム決戦で棚橋に敗れたオカダは、花道で人目をはばからず号泣。今でこそ「あれはウソ泣きですよ。泣くわけないじゃないっすか」と強がるが、そんな言い分はにわかに信じがたい。翌5日の後楽園大会ではバッドラック・ファレにまでフォール負け。誰の目にもショックを引きずっている様子がわかる試合だった。

 

 実際、心身ともに負ったダメージは大きかった。「後楽園でも情けない姿を見せてしまいましたからね。実際にあれから2~3日、ヒザが痛くて何もできなかった。引きこもってましたよ。ゲームやっちゃ、寝てました」と、ドーム決戦後は何とも自堕落な生活を送っていたことを明かした。

 

 それでも「まあ、別に落ち込んでもないし、来年のドームこそはと思ってます」とあくまで精神面に問題がないことを強調。とはいえ、この言葉も極めて怪しい。マネジャーの外道は「いつもよりはかみ合ってない感じ。あまり見せないけど、控室でもやっぱり『ちょっと違うな』と思う時があるよ」と証言し、燃え尽き症候群の症状も心配しているという。

 

 懸念材料は尽きない。ドームの棚橋戦では、ヒットした必殺のレインメーカーがカウント2で返された。これは大幅にカバーが遅れた2013年4月の棚橋戦を除けば、同技を使い始めてから初めてのこと。「まあ完璧に打ててなかったってことなんで、またレインメーカーを磨いていけばいい。踏み込みとか、改めて思い出していこうかな」とフォーム矯正に乗り出す意向だが、一度狂った歯車が簡単に戻るかどうかは微妙だ。

 

 14日の高松大会ではタッグ戦で今年初勝利。しかし、フィニッシュホールドに選んだのはレインメーカーではなくレッドインク(変型ラクダ固め)だった。まさか、打ちたくても打てない「レインメーカー・イップス」の症状が出始めているのか…。プロレス界にまだまだ「カネの雨」を降らせるためにも、一日も早い完全復活が待たれる。