【AEW】CMパンクが7年8か月ぶりプロレス復帰へ気勢「俺自身が正しかったことを証明する」

2021年08月26日 12時00分

CMパンク
CMパンク

 元WWE王者のCMパンク(42)が25日(日本時間26日)、新天地AEWの「AEWダイナマイト」に登場した。

 CMパンクは2014年1月の試合を最後にWWEを離れ、世界最大の総合格闘技団体「UFC」に参戦した。かねてプロレス復帰が待望されていたが、なんと20日のAEWシカゴ大会に電撃登場し同団体加入を発表。次期PPV「ALL OUT」(9月5日)での復帰戦でダービー・アリンとシングルマッチで対戦することが決定している。

 この日の大会に姿を現したCMパンクは、リング上でトニー・シュバーニのインタビューに応じた。復帰を決断した理由を問われると、AEWにいる若い選手たちの才能を称賛。「AEWにいる若いヤツらの才能を見て、俺は自分に問いかける。『自分はまだ通用するのか』『CMパンクは今もベスト・イン・ザ・ワールドなのか…』。その答えがイエスならば、ダービー・アリンを倒すことから始める必要がある」と気勢をあげた。さらに「9月5日の『ALL OUT』で決着をつける。これは俺のアンチが間違っていたことを証明する戦いではない。俺自身が正しかったことを証明するための戦いだ」と、復帰への決意を明かした。

 またインタビュー中に観客から「イエス! イエス!」のチャントが発生した際には「そのフレーズは俺のものじゃない。それをやるには、もう少し辛抱する必要がある」と、なんとも意味深長な言葉も…。ともあれ「ベスト・イン・ザ・ワールド」の帰還は世界中のプロレスファンから注目を集めることになりそうだ。

関連タグ:
 

ピックアップ