新日2・11大阪で洋央紀、柴田組のIWGPタッグ防衛戦決定

2015年01月07日 16時00分

 新日本プロレス2月11日の大阪ボディメーカーコロシアム大会でIWGPタッグ王者の後藤洋央紀、柴田勝頼組がカール・アンダーソン、ドク・ギャローズ組とV1戦に臨むことが決定した。

 

 ジュニア王者のケニー・オメガは田口隆祐とのV1戦が組まれ、タッグ王座戦とともに1・4東京ドーム大会の再戦となる。ジュニアタッグ王者のカイル・オライリー、ボビー・フィッシュ組はKUSHIDA、アレックス・シェリー組、マット・ジャクソン、ニック・ジャクソン組と3WAY王座戦でV2戦が決まった。

 

 また2月14日の仙台大会ではIWGPインターコンチネンタル王者の中邑真輔がV3戦で永田裕志を迎え撃つ。同大会ではNEVER王者の真壁刀義も前王者・石井智宏とのV1戦を行う。さらに天山広吉がNWA世界ヘビー級王者のロブ・コンウェイに挑戦することも決まった。