【東京女子】伊藤麻希10・9ベルト奪っていざVIPへ 顔面骨折「引退」翻意させた母の言葉

2021年08月17日 11時00分

「東京プリンセスカップ」のトロフィーを抱える伊藤麻希
「東京プリンセスカップ」のトロフィーを抱える伊藤麻希

 東京女子プロレスの伊藤麻希(26)がベルトもVIP待遇も勝ち取る。15日にシングル最強を決めるトーナメント「東京プリンセスカップ」を初制覇し、10月9日の東京・大田区総合体育館大会でプリンセス・オブ・プリンセス王者、山下実優(26)への挑戦が決定。「一番になった人しか味わえない景色を見たい。ベルトもつけて主役になってみたい」と闘志を燃やした。

 トーナメント中の7月31日の鈴芽戦では「左頬骨不全骨折」を負い、一時は精神的にも落ち込んだ。「骨折した日は泣きながら地元・福岡の母に『もうやめたい』と電話をかけた。でも、母から『プロレスやめたら何もいいとこないやん。頑張れ』と言われて」。家族の支えもあって果たした優勝だけに、初となる団体最高峰王座取りへの気持ちは強い。

 王者にならなければできないこともある。「東京ドームでメインを」と、かねて掲げる目標を再確認すると同時に、今春に参戦した米AEWマットも視野に入れる。次回の参戦は未定だが「いつオファーが来てもいける自信はあります。ベルトを持って参戦し、米国にマキ・イトウを広めたい」と目を輝かせた。

「(王者として参戦すれば)VIP待遇を受けられる。前回は飛行機のシートは通常(エコノミー)だったけど、個室席だって用意されるかも。通路だってVIP通路を」。華やかな舞台を脳裏に描き、まずはベルト取りに集中する。

関連タグ:
 

ピックアップ