赤井沙希 トホホな1分王者

2015年01月04日 16時00分

ヨシヒコ(右)のルチャ殺法を食らう赤井

 東京スポーツ新聞社制定「2014年度プロレス大賞」新人賞の赤井沙希(27)が、トホホな形で新年を迎えた。3日のDDT後楽園大会で6人タッグ戦に出場。ダッチワイフのヨシヒコと異色対決?した。

 

 ヨシヒコに華麗なダイビングボディーアタックを決めたが、逆にウラカンラナで丸め込まれてしまう。それでも何とかこれを切り返し、そのまま押さえ込んで勝利。しかも、ヨシヒコが王者だったため、アイアンマンヘビーメタル級新王者になるオマケつき。

 

 ところが、わずか数十秒後、乱入したアジャ・コングに垂直落下式ブレーンバスターを食らって大の字に…。

 

 1分たたずして王座から陥落。赤井は「私にとって初タイトルだったのに、気がついたら『ここはどこ?』みたいな感じでした…。今度はちゃんとベルトを持って帰り、髪をなびかせながら写真を撮ってもらいます」と誓った。