菊田早苗が無名の中国戦士に完敗

2014年12月24日 11時00分

ケナン(左)に攻め込まれる菊田

 新格闘技イベント「REAL1」(23日、東京・有明コロシアム)で約1年2か月ぶりの実戦に臨んだGRABAKAの総帥・菊田早苗(43)が、無名の中国戦士にまさかの完敗を喫した。

 対戦相手のソン・ケナン(24)は「元散打の王者」の経歴を誇ったが、実力の差は歴然と思われた。しかし1ラウンドは首投げを防がれ、逆にマウントポジションを奪われる苦しい展開。2ラウンドは明らかなスタミナ切れとなり「0―3」の判定負けを喫した。